浮気調査

浮気調査で確かな証拠を掴むために

離婚調停などの場面で、興信所に浮気調査を依頼する場合に最も強く求めるものは、確かな「証拠」になります。

ラブホテルの領収書や浮気相手とのメールなども有効ではありますが、離婚調停などで慰謝料を請求するときなどには、より強力な証拠が必要となります。

例えば、複数回2人でラブホテルに入り出てくるところを写真で抑えるなどです。このような写真がある場合には、肉体関係を否定するのは難しく、浮気があったものと解釈されます。

このような浮気調査を自分で行うことは非常に難しく、専門的な技術を持っている探偵に依頼することで、相手にばれずに目的を達成できる可能性が高くなります。

変化があれば浮気調査を探偵や興信所に依頼

夫婦が相手の様子が普段とは違うと感じる様な事があり、浮気が疑われる場合には、探偵や興信所に依頼して浮気調査を実施するといいでしょう。探偵や興信所に浮気調査を依頼して、何も見つからなければ問題なく、これまでと同じ様に生活する事ができますし、また、探偵や興信所の浮気調査によって事実が発覚する事もあります。

相手に浮気をされ続けるという事は、精神的に辛く感じられる様で、探偵や興信所の浮気調査を依頼すれば、しばらくすると証拠が集まる事もあります。探偵や興信所に浮気調査を依頼した上でどうするのかと考える事もできます。我慢できないという場合には結婚生活を続けるのではなく離婚をするという道もあります。

探偵や興信所とカウンセラーも対応する浮気調査

じていた人に裏切られた気持ちになり、探偵や興信所による浮気調査で証拠が出てきた際にはがっかりする人もいます。探偵や興信所に浮気調査をした後はそのままというのではなくて、次にカウンセラーに相談したいと考える人もいます。浮気調査を実施している探偵や興信所の中には、カウンセラーを在籍させている事もあります。

そうする事によって、探偵や興信所による浮気調査で本当の事が分かった際には、カウンセラーがフォローする事ができます。カウンセラーがいる探偵や興信所に浮気調査の依頼をすると、落ち着いて対応できる事が多いでしょう。すでに大きなショックを受けているという人は検討してみましょう。

浮気調査で盗聴器をしかけることもあるの?

浮気調査では、基本的には盗聴器をしかけることはありません。なぜなら、違法な手段で証拠をとっても、裁判では使えないどころか、逆に訴えられてしまう可能性もあるからです。

しかし、自分が所有している家ならば、盗聴器をしかけても違法ではないので、浮気の現場が自宅になっている場合などには、意味があることもあります。探偵社や興信所に依頼をするときには、契約をする前に料金や調査方法についてはしっかりと質問をしておき、信頼できるところを選びましょう。

探偵が違法な浮気調査をしてしまったら、依頼主まで罪に問われることもあります。

浮気調査・探偵、興信所についての記事