守秘義務がある離婚弁護士

守秘義務がある離婚弁護士

きっと離婚弁護士に相談する人は、その内容を外部に知られたくないと思っている事でしょう。離婚弁護士に相談するのはとてもプライベートな事です。しかし、離婚弁護士には守秘義務がありますので、過度に心配する必要もないかと思います。

離婚弁護士は仕事で知った人の情報などは他の人に話すなどしてはいけないという事が法律により決められています。もし守らない場合には、法律違反という事になります。

ですので、離婚弁護士に対して、安心して相談する事ができるかと思います。この様に守秘義務については法律で定められているという事を知るとホッとしますね。やはり相談者は不安な状況では落ち着いて相談できないと感じる事でしょう。

離婚弁護士に聞く 慰謝料に所得税は掛かるのか?

不貞行為が原因で請求した浮気慰謝料に所得税は課税されるのでしょうか。多くの離婚弁護士は、原則として課税されないと答えます。なぜなら、慰謝料は損害を受けた部分を補填する為に請求するものであり、新たに発生した収入とは考えないからです。

しかし、中には所得税あるいは贈与税が課税される可能性があると答える離婚弁護士もいます。例えば、実質的に何らかの対価と認められた場合や、一般的な慰謝料の範囲より遥かに高額な慰謝料の場合は、税金が課税される事も十分考えられます。どちらもケースも考えられますが、慰謝料の金額などに迷ったら離婚弁護士に相談すると良いでしょう。

不貞行為への慰謝料請求は離婚弁護士におまかせ

配偶者の不貞行為が原因で離婚となった場合、慰謝料を請求することができるのですが、当人同士の話し合いでは感情的になってしまったり、相手が話し合いに応じないということも少なくなく、なかなか慰謝料を請求するに至りません。

このような時、まかせるべきは離婚弁護士です。

離婚弁護士はその名が示す通り、離婚に関するあらゆる問題を解決する専門家ですので、不貞行為への慰謝料請求に対してもスムーズな解決を目指すことができます。

また弁護士が出てくることで相手にも本気度が伝わりますし、適切な慰謝料を支払ってもらうまで交渉の窓口になってもらえるため、余計ないさかいを避けることもできるというメリットがあるのです。

離婚相談・離婚弁護士についての記事