【 離婚って何? 】 のページ

離婚って何?

離婚には様々な種類があります。

  1. 一般的な離婚
  2. 熟年離婚
  3. 家庭内離婚

特に近年、熟年離婚が騒がれています。熟年離婚とは、歳をとってから、夫婦どちらかが離婚に踏み出してしまうものです。

熟年離婚だけでなく、離婚をしてしまう原因の大きな要素に、結婚生活のバランスというものが挙げられます。

片方が相手のことを思いやる気持ちがないときは、結婚生活のバランスが崩れ、寂しさを感じたり、特に子供がいる場合は、任せっきりにしていた子育ての疲れなどが原因になります。

離婚には大切な手続きがある!

離婚をするとき、気をつけなければいけない事は何でしょうか?

簡単に言う人もいるかもしれませんが、手続きの多さに驚く方もいるはずです。特に子供がいる時に、多くの協議がひつようになります。

一般的な離婚は夫婦お互いの話し合いによって離婚届を提出して解決します。このことを協議離婚といいます。

また、家庭裁判所でお互いの話が和解し、合意することができた場合、このことを調停離婚といいます。

離婚において大切なこと

一番大切なことは、子供の問題です。もし子供がいる場合、子供の立場になって離婚のことを考えましょう。

親権は子供にとってどちらが良いのか、生活していけるのかなどは、必要最低限考えておきましょう。

もちろん、子供にとっては、結婚しないことが一番です。

当日に相談ができる離婚弁護士

時間を置くことなく、できるだけすぐに離婚弁護士に相談をしたい事もあるでしょう。離婚弁護士の中には、希望した当日に法律相談を受ける事ができるケースもある様です。しかしながら、すでに時間が遅い場合や、その日は他の予定が埋まっているケースにおいては、離婚弁護士と相談の上、後日に面談を行う事もあるでしょう。

急ぎの場合には、電話で離婚弁護士に連絡をして、当日の法律相談が可能かどうか尋ねてみると、早いと考えられます。突然離婚の話を出され、書類にサインをする事を求められたなどという場合においては、すぐに離婚弁護士に相談したいケースもあると思われます。急ぎの際には、その旨を伝えましょう。

離婚相談を受け付ける弁護士

弁護士は時として自分の専門外の事について受け付けないという事もある様ですが、中には離婚相談だけを主として仕事をしている人もいるみたいです。離婚相談を受け付ける弁護士は、この問題に特化している事もあり、相談者にとっては頼れる存在となっている事も少なくありません。

女性弁護士が、離婚相談を受け付けている事もよくあります。離婚相談を受け付ける弁護士は、相談がしやすいという事や、話を聞いて細かく対応するという事などが求められる事もあります。離婚相談を受けた弁護士は相手側と条件の交渉や話合いを行う事によって、少しでも相談者の希望通りに無事に離婚をする事を目指して頑張ってくれます。

検討の段階から離婚相談

すでに離婚をするという事を自分の中で決断できてから離婚相談をしないといけないという事はありません。離婚をしようかどうか迷っている段階から離婚相談を受ける事ができます。離婚相談では、離婚の手続きをお手伝いしてくれるばかりではなく、離婚を回避するためのお手伝いを行ってくれる事もある様です。

その事が分かると離婚相談はハードルが高いものではなくて、気軽に利用する事ができるという事が分かるでしょう。離婚相談を受ける事によって、少しでも自分の希望に近い形で最終的に解決できるという事が好ましいでしょう。さらに無料相談を行っている法律家もいるかと思われますので、利用するのもいいでしょう。

離婚相談・離婚弁護士についての記事