離婚相談

離婚相談の費用について

弁護士に離婚相談を行った際に生じる費用については、それぞれの弁護士事務所によって異なります。近年では無料で行ってくれる事務所も多くなってきました。

特に依頼者が女性の場合同性の弁護士に相談したいという要望が強いため、離婚調停や裁判に特化した事務所もあります。このような特別なサービスを行っている事務所であっても、初回の相談を無料にしているため足を運びやすい場合もあります。

また弁護士事務所以外にも、日本司法支援センターの設置している法テラスに相談することもできます。こちらも無料で法律相談を行っているので、経済的に余裕がない場合にも活用できます。

浮気以外の理由で離婚した際の慰謝料

相手がギャンブルに夢中になり、多額の借金を抱え、離婚したいという事もあれば、殴るなどの暴力が離婚の原因となる事もあります。

離婚をしたいと思う理由はいろいろですが、常に浮気だけが原因ではありません。浮気以外の理由で離婚した際の慰謝料についてですが、状況により異なります。

慰謝料にも相場というものがあります。離婚による慰謝料の金額はケースごとに違います。浮気が主な原因となる場合には事実関係の他にも、浮気をしている相手と、結婚して何年になるか、また相手の年齢や仕事内容などによって慰謝料が変動する事もあります。

同じ浮気でも、慰謝料が低いケースもあれば、時には金額が高いケースもあります。

メディアで話題の離婚相談について

離婚相談の対応が優れている弁護士の法律事務所の選び方については、多くの消費者にとって生活の中で興味深い課題の一つとして扱われることがあります。

とりわけ、メディアで取り上げられる機会の多い法律事務所に対応を任せることによって、常日ごろから優秀な離婚弁護士にアドバイスを受けることが可能です。

一般的に、離婚相談の予約方法は、それぞれの法律事務所のシステムに大きな影響を受けることがあるため、前もってパンフレットや情報誌などを参考にしながら、まずは各地の事務所のメリットやデメリットを理解することがポイントとなります。

離婚調停のことについて離婚相談をするメリット

離婚調停は、当事者間の協議で離婚が成立しないときに、裁判所に申し立てることで開始されます。

いきなり裁判離婚を提起することはできず、調停前置主義が採られていますので、裁判で争う前には必ず行われます。ここで離婚についての調停が成立すれば、裁判には進みません。

調停が不調に終われば裁判となります。長引けばそれだけ当事者の負担は重くなりますので、このことについて疑義があれば離婚相談を弁護士にしておいた方が良いでしょう。

また、離婚相談をしておいた方が、不利な内容での調停を結ぶ必要がなくなりますので、結果として有利に働きます。

離婚相談の実績に注目

現在では離婚相談を受け付けている弁護士はたくさんいます。自分が離婚相談を行う弁護士はどの様にして選べばいいのか悩む事もあるでしょう。その場合には、弁護士が過去に受けた離婚相談の中から解決できた実績に注目してみるのもいいかと思われます。

離婚相談では、実績だけがすべてではありませんが、難しい問題であれば、弁護士の実力が必要になる事もあるかと思われます。また、離婚相談を行う弁護士は、自分にとって話がしやすい相手であるかどうかという事を検討している人もいる様です。相性がピッタリな弁護士であれば、気持ちを分かってもらえる事も多いのではないかと思われます。自分に合う弁護士を見つけましょう。

プライバシーに配慮した離婚相談

やはり離婚相談というのは、できるだけ人に話したくない場合が多いでしょう。弁護士に相談する事さえためらいを感じている人もいる様です。そんな中で、離婚相談はプライバシーに配慮した環境で行われる事もあります。

離婚相談を行う弁護士は事務所の中でも、他のスタッフや利用客に声が聞こえない様に個室で相談できる環境を整えている事もある様です。プライバシーに配慮した離婚相談が行われている場合には、不安を感じる事などもなく安心して相談する事ができるのではないかと思われます。この様に離婚相談を行う際には、利用者に対して細かい部分まで対応が行われているというのは大事な事ではないでしょうか。

離婚相談・離婚弁護士についての記事